スポンサーサイト

  • 2018.02.17 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    雪ミクさんライブ行ってきたのですよ

    • 2018.02.17 Saturday
    • 17:30

    もう一週間前だけどな!

    http://snowmiku.com/2018/

     

    ミクさんの聖地札幌在住にも関わらず、何気に生(?)でミクさんのライブを見たことがなくてですね。

    折角聖地に住んでるんだし、一度は見てみたいよねーと友人と言っていたんですが、ずっとDJライブの年が続いてたので見送ってて。

    で、今年ようやく!待ちに待ったミクさんライブだったので行かねば!ということで行ってきました。動画とかTVではちょいちょい見たことあったけど、初のミクさんライブ参戦だよー。

    2日目の夜公演、ファイナルを見てきたんですが、チケ取ってくれた友人が神番引いてまして、ゼップで2列目ドセンという位置で見てきました…ゼップで2桁とか多分初めて…とてもよく見えた…目の前にミクさんいた…。

    張り切って前の方に行ったので、周りはガチ勢だらけだろうし、ノリとかわからないのに大丈夫かな…とちょっと思ってたんですが、何かもう、めちゃめちゃアットホームというかフレンドリーというか!始まる前に前後左右にご挨拶みたいな文化があって、何かとても小さい箱のノリみたいで!初めてだと言ったらめちゃめちゃいろんなこと教えてもらったり。

    しばらく殺伐としたライブばかり言ってたので、何だかとても懐かしい気持ちになったよ…(笑)。G氏のライブも、初期はそういう文化あったんだけどなあ。

     

    バンドは生演奏とはいえ、ミクさんの歌声自体は言ってしまえばすでにある音源を流しているだけなので(R3とかの実証実験はありましたが…正直よくわからなかった。まあわからないくらいとても自然ではあった)、生身の人間のライブと違って見えないと楽しさが減ってしまうよね。生身の人間だと、あまり見えなくても生歌なので嬉しかったりするけれども。

    行ってわかったんですが、箱の一柵目でもライブ中全然動かない(立ってる位置が変わらない、という意味で)、最初から最後まで位置固定だったので、押しとかがないなら箱じゃなくてホールの方が後ろの人も見えやすくていいのでは?というのが初見の感想。こんなに動かないのでは、見えない人は最初から最後まで見えないよね。(あと、結構ペンライトを大量に持って頭上で振る人多いし、男性が多いので、これはほんと背が低い人が後ろだと何も見えなかったと思う)

    雪ミクさんの雪像が西11丁目、ライブ会場がゼップ札幌なので、遠征で来てて巡礼してる人にとっては、多分移動が地味に面倒だと思うんですよね。(まあ、交通費かけてお金落としてもらう分にはいいんだけどw)折角雪像が11丁目なら、教育文化会館あたりでやったらいいんじゃないかなあと思った次第。あと、毎年一番寒い雪まつりの時期に、箱ライブはつらいよ!オタクは荷物多いのよ!(笑)あと、氷点下でコートをロッカーに入れて並ぶのはリアルに死ぬ。(今回は中入ってから預けました)(でも12月にノースリーブで並んだことはあります)(バカです)

     

    でで。肝心のライブですが…ほんと違和感なく動くよねえ。ボカロ耳ならぬボカロ目になっているのかもですが…(笑)。

    勝手な印象としては、

     

    ミクさん→細い!全てが細過ぎる。もっと飯を食え!(笑)自分が一番であることを理解し、一番であることを演じきっている堂々とした佇まい。

    リンちゃん→何というアイドル。ミクさんがアイドルから徐々に女優業にも進出している人という感じだけど、リンちゃんは全力でアイドルやってます、という感じ。計算されたアイドル感。あざとかわいい。

    レン君→これはよい元気少年。アイドルだけど、スポーツできますキャラで売ってそう。体力必要な番組に出てそう。

    ルカ姐→ミクさんほどアイドルでもなく、メイコほどお姉さまキャラでもない、難しい立ち位置の中間管理職。帰国子女枠。できるアイドルとして、クイズ番組とか出てそう。

    メイコ→かつてアイドル、今は実力派ボーカリストって感じ。ソロのアーというより、バンドの紅一点ボーカルとして男性メンバーを引き連れてそう。

    カイト→ジャニーズのベテラン枠みたいな、今もアイドル枠ではあるけど、落ち着いた大人アイドル。ライブではかっこいい、真面目な歌歌ってて全力で嫉妬した。くっそ羨ましい。(がくぽはネタにしか使われないので)

     

    …どんな印象なんだよ、っていうw

    いやーでもほんとミクさん細かった。お〇ぱいはともかく(笑)、もうちょっと、太ももとか太くてもいいんじゃないかなあ。笑顔の裏で拒食症とかになってんじゃないかと心配するレベル。あの細さであの髪の量は、確実に肩凝りに悩まされているはずだ(笑)。

    常に髪とか服とか乱れないので、リアルさを追求するなら、汗かいたり髪が額に貼り付いたり、曲間で息が乱れてたりしてもいいなあと思ったんですが、そこまでリアルさはない方がいいんでしょうかね…。リアル人間だと、汗かいたりしながらやってるのも結構な萌えポイントになりますけれども。

    あとは逆に、曲ごとに衣装替えはするけれども、あえて一曲の中で一瞬で衣装替えとかあってもいいんじゃないかなあと思いながら見てました。人間じゃ難しい演出もあってもいいよね。

    いつだか、羽生えて飛ぶ天使ミクさんは見たことあるけど…羽生えて飛ぶ(吊られる)演出はリアル人間でも見たことあるもので…マリスミゼルっていうんですけど…(笑)。

    あと、歌の最中でもついついバンドメンバー見てしまう癖が…特に下手(笑)。休む間もなく延々と演奏を続けているので、体力凄いな…と思いました。

     

    実はあんまり曲を知らなくて、半分くらいしかわからなかったんだけど、それでもすごく楽しかった。ペンライトの色変えはめんどk…相変わらず慣れなかったけど(笑)。というか、ペンライト持つこと自体まだ慣れないね…数曲ならいいけど、最初から最後までずっと握っているというのがわりとだるいよ!(笑)手扇子して生きてきた身としては、手は開きたいよ!(笑)でも一緒に振りたいという我儘(笑)。

    ペンライトといえば、値段高くてびっくりしたんですが(笑)、これは何度も通って元を取るべき、ということなんでしょうか…(笑)。まあ、機会があったらまた行きたいですね!来年もライブだといいなあ。

    スポンサーサイト

    • 2018.02.17 Saturday
    • 17:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      がくぽCD通販受付中

      がくっぽいど(ボカロ)CD作ってます。 こちらのページに通販のご案内を記載していますので、どうぞよろしくお願い致します。

      Twitter

      アクセス解析中

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM