スポンサーサイト

  • 2017.08.16 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【GACKT】LAST VISUALIVE 最期ノ月 感想的な何か・その2【LVL】

    • 2016.11.30 Wednesday
    • 04:44

    ひとつ前の記事の続きですが…ほんと、あれだけ書いておいて、何も進んでないので巻きでいきます(笑)

     

     

    ◆一部(続き)

    歌詞考察的なのはまたの機会に…と思うと、意外と書くことはもう無いかもしれない…w

    一部はルミトンライトの色があんまり綺麗じゃないよね…。Ver.1は白過ぎて蛍光灯みたいだし(笑)、Ver.2は暗くて目立たない…。

    紫って色は難しいよね。

    個人的には、四部より一部の方が青が合うんじゃないかなあ、って思ってた。んで、四部は真っ白がいいんじゃないかなーって。蛍光灯になるけど(笑)。

    あと、2本あってもいいけど、大きさはかつてのサイリウムでいい。そもそも視界遮ってしまったらライブ楽しめない。ルミトンといい、猫耳や猫手といい、なんでこの人こんなに視界遮る物好きなんだ?w(そしてとても荷物になる物ばかりなんだ?w)

     

    『華も散ゆ』では、バックの映像に薔薇の花びらが舞う。

    …ますます和のコンセプトどこ行った状態w初めて見た時も違和感を覚えたなあ。

    薔薇自体は好きだし、ゴスっぽいのも好きだけど、義経秘伝どころか、MOON全体通しても薔薇なんてモチーフは出てこなかったぞ。

    てか、このタイトルの「華」って桜じゃないんですか…。もしかしてこれ桜?…いや、真っ赤だから違うよなあ。薔薇に見えるけど…うーん。

    唐突過ぎてこれも解釈に困ってる。特に意味ないのかもしれないけどw

     

    そしてその後に『RIDE OR DIE』なんつー英語タイトルだし、歌詞にも英語バリバリな曲だし、曲調も疾走系なロックなので(ドライブに合いそう)、和ってことが記憶の彼方にw

    個人的に、この曲=ガメセンテルのテーマなので、この衣装で歌われると違和感しかなかったw3部の曲だと思ってたよ…。

     

    『暁月夜』で、あ、そういや義経だったね!って感じに(笑)。

    バックにも義経の映像が映るあたり、テーマソング的位置なんだろうなあ。映像も舞台の使い回しじゃなくて、ちゃんとこれ用の撮り下ろしなのが嬉しいよね。

    MVと同じように、ひとりひとり、順にスポットライトが当たるシーンが好き。

    WOWOW見て初めて気づいたけど、映像で義経がやられるシーンで、G氏も連動して同じ動きしてたんですね。映像見ててG氏全然見てなかったわw

    後ろであんなストーリーあるような映像流されたら、そっちに目が行っちゃうよねえ…しかも舞台と違う、見たことない映像だし。

    ステージに上がってる人は、お客さんの視線が自分の頭上通り越して映像に行ってるのを感じるとは思うんだけど、そういうのってどうなんだろうなあ。気持ち的に。

    G氏が新しいことに挑戦すればするほど、そもそもライブとは何ぞや?という気持ちになるのは私だけなんだろうか。

     

    そういや、『RETURNER』はまるまるカットだね…。この曲から一章が始まった、記念すべき曲なのになあ。

     

     

     

    ◆二部

    ほんと、ここの映像が見たかったのにカットだし、セトリCDでも映像の時に使われていた曲は収録されてないし、ほんと呪いたい。セトリCDで無いからこそ、WOWOWで曲聞けると思ったのに…!!

    WOWOWでは流れなかったけど、二部に入るところの映像で、義経が「家族にございます」と言った対象がわからず悩んでたんですが(弁慶や佐藤兄弟達なのか、陰や陽和なのか、それともモブ物の怪なのか)、私は不参加だったバースデーイベントで、このセリフの後に物の怪がバーッと出てくる予定だったがカットした、とG氏が言っていたそうで。参加された方に教えて頂きました、ありがとうございます!

    …ライブじゃなくて、バースデーイベントに参加しないと考察出来ないとか、どういうことだ!(笑)個人的にものすごい重要なシーンだと思うんだけど、何でカットしたんだろうねえ。

    そのモブ物の怪達が、二部のダンサーというわけなんですね。あのダンサーの手の形を見るに、義経秘伝1に出てきた下級物の怪に似ているようなので、きっと下っ端物の怪なんだろうな。

    若かりし義経は、そんな子達とも仲良くなって連れてきてしまったと。これがあるからこそ、義経秘伝1で頼朝が義経について、物の怪と戯れるばかり…というようなセリフが出てくるわけですね。

     

    G氏のどのライブでも、基本的に二部が一番好きなんですが、今回も類に漏れず二部が好きです。You兄がかっこいい!!(そこ

    ルミトンライトも、Ver.1は点滅するけどVer.2では点滅しないので、統一感ェ…って思ってたんですが、引きで全体を見ると、全体が炎の海みたいでいい感じですね。点滅してたりしてなかったりが、逆に雰囲気出てる。

     

    『泡沫の夢』は見事カット…G氏が三味線弾いてる!っていう…初見の人が見たらきっとオオッて思うだろう、おいしいところなのになあ。

     

    『斬』は、もう、茶々さんのためにある!(笑)この曲大好きだけど、YFCでやってしまったので、もうやらないと思ってたから嬉しかったね。しかし、変拍子でルミトン振りづらいのなんのw

     

    『傀儡が如く』は、GHOSTの二番煎じ(二番煎じ言うなw)で…まあ、狙って同じ感じにしてるんだろうけど、GHOSTで一度驚いてるから、今回もよく頑張ったねーって、子どもの発表会を見ている気持ちでしたw

    この曲になると、メンバーが棒立ちなのが面白いよね。ダンスを目立たせるためなんだろうけど、さっきまで目立った動きしてる人達が打って変わって黒子に徹しているのが凄いなあ、と。

    自由に動いているようでいて、そろえるべきポイントはそろえて、きっちり決まった演出をやっているにも関わらず、バンドじゃないからあくまでもサポートメンバー的位置というのが凄いよなあ(ほぼほぼバンド状態ですけどね)。他所より給料多くもらうべき(笑)。

    一緒に経験積んできたギター2人に比べ、G氏サポデビューがいきなりLAST VISUALIVEっていうばるくんがほんと凄い。そもそも、他の人のサポっていう経験自体初めてなのでは…?

    歴代のサポメンの中でも一番大変だったんじゃないかなって思う。まあ、実際、3月の大阪で初めて見た時は過去一番不安の残るサポメンでしたが(笑)、最後には結構安心してようになったなあ。

     

    …話が逸れた。とりあえず、ダンスに関してはさっぱりわからない上、あまり興味もない人なので(苦笑)、凄いのかもしれないが凄さがわからない残念な人ですw

     

    『揺籃歌』は隠れた名曲だよね。これぞGACKT!って曲だと思う。まだこういう曲作れるんだなあって嬉しかったな。だいぶ昔のG氏っぽい雰囲気。

    これ、ダンサーいたんだね(笑)。私、ライブでいったい何見てるんだろうww忘れてただけかな…。

     

     

     

    ◆三部

    …時間ないので省略します(笑)。というか、ちゃんと見てない。いつもだけど、三部ってそんな好きじゃないんだ…w

    まあ、うーはーが楽しかったよ!

    あ、U+Kの子どもダンサーは、着ぐるみじゃなくなったのは良かったよね。前に事故あったもんなあ。大事に至らなくて良かったけど。子どもはそのままで十分可愛いからいいと思う!w

    このWOWOW収録の日は参戦してないので(収録が入る日に行かなかったのってMARS以来なんだけどwww)、MC聞けたのはまあ良かったけど…でも、曲カットするくらいならMCなくても良かったよ…。

    何度か誕生日ライブに参戦してて思ったんだけど、一緒に誕生日のお祝い出来るのは嬉しいんだけど、このお祝いで時間取られてしまって、G氏自身のMCが短くなるから一長一短なんだよな…。

     

     

     

    ◆四部

    ここでようやく、MOONの全部のシーンが繋がる。いやー、ムンチャとか懐かしいね。若いね!(笑)

    四章のムンチャ、二〜三章のDIABOLOSはわかるんだけど、RETURNER映像も入ってたのがビックリ。え、これもMOONの大筋に関わってくるんですか!?…このRETURNERの人(G氏が演じている武将)は誰なの?この人についても物語があるの?…もしや、未だ謎多き三章の主人公?(多分戦国武将なので、時間軸的には合うんだよな…)

    「RETURNER」だし、義経の転生キャラとか…?「闇の終焉」という副タイトルも考えると、ここで力を持つ「者ノ不」が途絶えたとか…。

    ま、想像というか妄想に過ぎないし、私の考えは基本当たらないから、自分で勝手に考えておいて、勝手に楽しんでおく(笑)。

     

    あと、映像のいいシーンに微妙なお笑いはいらない(伝内のずっこけるところ)。いや、楽しそうな雰囲気出したいのかもだけど、お笑いなくても楽しさって表現できる気が。このシーンで正直冷めたw

    あ、でも、教経の「あーい、おまたせ」のセリフは好き(笑)。あーい。

    陰は頑張って合成してるね(笑)。多分、他のよく動くキャラだったら違和感あっただろうけど、動かないし、逆にそこにいるようでいないような不思議な感じで、陰らしさが出ているな、と(笑)。

    陽和も合成しているのかと思いきや、別の子役さんがやられてたそうで。気付かなかった。あの衣装とメイクじゃわかんなかったなー。座ってるだけだしね。

    しかし、いいシーンでファンの顔映すのはほんと…何度でも文句を言いたい。

     

    あそこで、なんで陽和が子どもに戻ってるんだ、死んだときは大人陽和だったじゃないか!とツッコミを入れたんですが、あくまでこれは死にかけ義経の走馬灯的な夢だとすると、義経にとっての陽和とは、子ども陽和なのかなって。

    そう考えると切ないよね。大人陽和は義経に恋する女だったのに、義経はそうは見てなくて、ずっと子どもとしてしか見てなかったんだろうなと思うと…。ムンチャのイーチェといい、MOONに出てくる女性って悲しいけれども、物語として見た時においしいキャラが多いんだよな…。ここ掘り下げたらいいのになって思うけど、テーマからは外れてしまうんだろう…。あくまでも男目線の、男側の話って感じだもんなあ。

    私が女性だからか、物語としては楽しんでるけど、正直MOONのキャラにはたいして共感していない(笑)。

     

    また盛大に脱線したw

    『雪月花』。あのMVで使われた、西洋風の椅子に義経がまさか座るとは…。またもや違和感発動。この世とあの世の境の異次元、みたいな感じなんですかね…。あの椅子に座ると魂抜けるとか。マロー様の椅子なのかなw

    メンバーの真っ白衣装は、ほんと難しいよね…w茶々さんだけが着こなしている感。さすが私服も(ry

    You兄担としては普段茶々さんはあまり見ないのですが、茶々さんが凄い綺麗だし、動きも綺麗で、この曲は結構茶々さん見てたなあ。というか、全体的に普段より茶々さん見る機会が多かったかも。ターンとか綺麗だよね。

    You兄は逆に怖い(笑)。でかい人が真っ白はやばい。神威楽園で陽和とかやってるせいで、あの陽和にしか見えない(笑)。笑いが込み上げるのでなるべく見なかった(笑)。

     

    暗転→大サビで白物の怪が一気に増えるのとか、手前のステージとバックの映像が繋がって見えるのとか、初見なら驚くだろうけど、毎回見てると、すっかり定番の演出になってしまって読める読める(笑)。予想通り過ぎて逆に謎の感動w

    もうさ、大サビ前に空白があって暗転すると、あっはい例の演出ですね、ってなるよね(笑)。

    まあ、驚きはなくとも、綺麗なので好きだけど。映像とはいい感じに繋がって見えて、義経秘伝キャラが結構リアルに見えてくるから凄い。映像さん頑張った(笑)。

    相変わらず陰は合成感ありありでしたけどねw皆、手を挙げて魂になるところでも、ひとり微動だにしない(笑)。いやでも、うまく合わせたよなあ。映像さん頑張った(笑)。

     

     

     

    ◆エンディング映像

    皆の魂が迎えに来て、一緒に昇っていく…とか、ベタですねえ。「うっわ普通…」というのが初見感想だった…w

    スタッフロールは、背景がセピア色の静止画で、それまでの映像で語られなかったシーンを映すという、RR2と同じ見せ方。もう、VISUALIVEは進化を終えて、成熟期に入ったということですかね。

    最後にG氏の一言で終えるのも同じだし。

    (この一言が、これまた現実に引き戻される感じなので好きではない…いらない…MOONや義経の世界にもう少し浸らせてくれ…しかも、クサ過ぎて、お、おう…ってなる…聞きたい時や見たい時に自分で再生しますんで、いつもいなくて結構です…そういうのは求めてないです…)

     

     

     

    とまあ、こんな感じで…。前にも書いたかもだけど、今回のライブは嫌いじゃない、細かく見ていけば好きな点はあるんだけれども、全体としては、さほど私には響かなかったかなあ…。

    気持ち的に入り込むところが無いまま、終わってしまった感じです。好きな方ごめんなさい。

    私だって出来ることなら、皆みたいに感動したいし、感動して泣いてみたりしたいよ…。考察し出すからダメなのかなあ…。

    個人的には、上弦の月やDIABOLOSの感じが好きです(この2つは結構感動した)。映像をあまり使わない視覚表現が好きです。

    (今回の三部の曲中の映像なんか、合ってるのか?っていう。ただ適当に動く映像を流してるようにしか見えないのも多々…。Windows Media Playerの視覚エフェクトを思い出すwしかも歌詞まで流されると、今度はニコ動のボカロ曲PV見てるようでうーんw)

    RR2もかつて、酷評したりもしたけど、比べるとまだRR2の方が好きだったかもしれない…。私の中ではRR2を超えていない。

    ま、まだワールドツアーと凱旋があるようなので、判断を下すには早い、ということで、凱旋を待とうと思います。

    スポンサーサイト

    • 2017.08.16 Wednesday
    • 04:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      がくぽCD通販受付中

      がくっぽいど(ボカロ)CD作ってます。 こちらのページに通販のご案内を記載していますので、どうぞよろしくお願い致します。

      Twitter

      アクセス解析中

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM