義経秘伝@赤坂ACTシアター感想など

  • 2012.08.04 Saturday
  • 22:32
カテゴリ悩んだけど読解のところに入れておく!
ええと、義経秘伝観てきました!7月15日にwwwww経ち過ぎwwwwwww
見てからだいぶ経った今、ようやく感想を書こうかなあーと思い始めたので書きます(笑)。
毎度毎度タイムラグ有り過ぎてすみません、ていうか、あの、実は超会議のレポも途中だよ、ね…(苦笑)。
初日の昼公演しか観てないので、すでに今といろいろ違うかもしれないし、記憶も怪しげなので、間違っている所も多いかもです。さらーっと読み流して頂ければ幸い。
あ、読み流してと書きましたが、

ネタバレしまくっていますので要注意

ネタバレ気にせず書きまくったので、自己責任でお願いしますねー。
ネタバレというか、すでに舞台見てる人向けです…。
あ、何でもかんでもネタバレ禁止みたいに言う人いますけど、私はほんと自己責任だと思っていますので。何でネタバレ禁止になったかを考えてくださいねー。
ていうか、公式で禁止令出たのはRR1の時だけですしね。
ライブ前でネタバレ見たくない時は、私はネット断ちしましたからね。ネタバレ嫌な人は何でも人のせいにしないで、それくらいの気愛を見せなさいよ、と。お話になりませんわ。

そうそう、ネタバレで思い出したけど、今月のMGG(会報)はネタバレ満載だったので、これから観る人で気にする人は注意ですww文章でのバレはあまり無かったけど写真がいっぱい…ww
一番ネタバレやってるのって公式だよね、いつもww
あと、パンフレットもね、一度しか舞台観ないなら観ておいた方がわかりやすいかなあーとは思うけど、全くの予備知識無しで見たい!って人にはあまりお勧めしないです。私も舞台前にはパンフ見なかった(時間無かったというのもあるけど)。
見ておくなら人物相関図くらいならいいかなーと思います。公式サイトにあるやつと一緒だけど。うーん、でもあれも若干バレがあるような気はするので…相関図見なくてもそんなにわかりにくくは無いと思うけど。
眠りんやムンチャの人物関係が一回で把握出来なかった人は見ておくといいかな?
歴史予習しておくと理解しやすかった気はします。と言っても、凄い勉強しなくても、とりま義経の周りの人物の名前と簡単な関係(兄弟とか)を覚えておくといい感じかな。

さて、前置きが長くなりましたが。
ネタバレOKな方はずずいっと下へ。






























念のためにもうちょっとずずいと。





























素直に書こう。


ごめん、全く泣けなかったwwwwwwwwwwwwwwwwww
ていうか、あんまり感動も無かっ…wwwwwwwwwwwwwwwww

何でだろう、初回だからですかね?演技固かったとかかな、演技や舞台に関しては全然知らない人なのでわからないけど。ていうか、そもそも舞台にそんなに興味無いのがいけなかったのかもしれない…www(演劇って見てる側でも恥ずかしくって感情移入出来ない人なので)
個人的にはまだ眠りんの方がクオリティ高かった気がしたんだけど、私が見る限りでは義経の方が良かったという意見が多いようで…。
何ていうか、もうね、

厨二病で邪気眼全開だった!!!

まあ、良く言えば思った以上にかなりファンタジーだった。
良くも悪くもGACKTワールド全開というか。ああ、らしいなあ、と思ったので、不思議なことに不満は無い。
B級なのがGACKTだと思ってるのでねwww酷くてごめんwww

個人的に良かったと思う所は、まず、何よりも衣装!あれは凄い。CLAMPらしい!CLAMPっぽいのが三次元で出てきただけで、もうかなり満足した。
政子が特に良かったねえ。あと、陰も。花魁っぽくて素敵だった…和傘とかいいアイテム持ってらっしゃる。
ちょっと残念だったのは弁慶かな。弁慶だけあんまり意表突いてない無難な格好だなあ、って。まあ、弁慶って先行イメージがはっきりあるから、どうしてもあの山伏(?)の格好になってしまうのかもしれないけど、そこも頑張って崩して欲しかったなあ。まあ、キャラは崩壊してましたけど←
逆にファンタジーが苦手な人はあの衣装には結構びっくりするかもしれない。
これはゲーム化すると特に映えるんじゃないかな?と思いながら見てた。アニメ化とかいろいろ考えてるみたいだけど、個人的にはゲーム化希望!ゲーム早く欲しいな、アクションRPGみたいな感じで!(でもアクション苦手なので、CCFF7くらいヌルゲーでお願いします…ww)

キャラで言えば、陰&陽和が凄く素敵だった!
政子もお気に入りなんだけど…って、太一君一家にハマったのか私はww
まあ、かなりのベテランなんだもの、当然といえば当然なのかも。
陰の妖艶っぷりは、私の周りでも落ちる人続出www綺麗だった…。真白萌え…。
ああいう、仲間達の中に入らないで外側から眺めつつ、いざとなると仲間達のために動くキャラとかいいですよね。萌えポイント高いですよね。
あと、太一君の殺陣は凄かった!映像と合わせるのをG氏ではなく太一君でやるとは思わなかった。しかも扇子で戦うとかね。舞いを舞っているようで素敵でした。…ただ、あれね、正面で舞台とほぼ同じ高さから見ないとずれてしまいますね。しょうがないんだろうけど…私、上手寄りの2階席だったので、当たってから扇子振って見えてましたwwwだから、ダメージ受けてよろめく所と、扇子で打ち返す所の違いがよくわからなかったwww当たり判定曖昧なゲーム見てるみたいで若干イラッとwwww

陽和もすっごい可愛くて!子どもらしい子どもというか。
あの子、あのあとどうなるんだろう。個人的には義経さんより、陽和ちゃんのその後の話が見たいんですがw
いつも陰にくっついていて、仲間の間をうろちょろしてる感じですが、最後、陰や仲間達の後を追わずに一人で座ってるんだよね。個人的に、あそこが一番感動したんだけど。え、感動するポイントじゃないですかねwww
陽和は見た目は子どもですけど、物の怪なわけで…多分、陰が何しに行ったかも、もう戻ってこないことも、今後仲間たちがどうなるのかも全部理解してたから、後を追わなかったのかな…って感じに見えて。義仲死ぬよりここが一番寂しかったなあ。
何かね、自分でも某所でへっぽこ小説とか書いてて思うんですけど、死にオチって安易だと思うんですよね。人が死んで哀しいのは当たり前な訳で。人を殺さずに、いかに描写で泣かせるか…みたいなのが腕の見せ所だと思ってる訳なんですがでもごめん私の話死にオチだらけだったわっはっはorz

話を元に戻して(苦笑)。
あと良かった…というか好きな所は、陰(見えない)と義経が会話する所…竹林(?)のシーンですね。あの、上からぶら下がってる人(語彙力無くてすみませんww)での表現が神秘的で良かったなあ。
何だろう、あれは森…森じゃないね、竹の精?なのかしら。物の怪ですかね。陰レベルよりは下の物の怪とかなのかな。何となく、もののけ姫のこだま思い出した。あんな感じの存在なんだろう、多分。



よし、じゃあ次。ダメ出し行くよ!www長いよ!www

まああの、物語ね…物語がね…。最初に書いたけど、とっても厨二病だったね…ww
何て言うか、とっても、週刊少年ジャンプ!だったね…wwww
百鬼モード義経さんが幽白の魔人幽助(最初の変身の雷禅乗っ取りバージョン)で、陰が妖狐蔵馬に見えたくらいには幽白ヲタなんですけれども(…どれだけの人が今この話についてこれたんだろう…)。
もうね、展開が読めて読めて驚きが一切無いというね…。演出での細かい驚きはあったけどさ…物語がありきたりで…ありきたり過ぎて逆にびっくりし過ぎたくらいだよ…ww
まあ、ラストで皆のシーン繰り返すのはちょっと予想外ではあったけれども。
こう、誰かに乗っ取られて、意志とは逆に仲間を傷つけたり殺したりしてしまう…ってさ、厨二病な時に妄想で誰もが考える物語じゃないですかね?え、違う?www
こういう話ね、私もリアル中二くらいで考えててさ、何かもう、黒歴史掘り返されて痛かったんだよ!!!wwwwwちょっと血の気引いて寒くなったよね、見ててwwwwwwやめてえええええそれ掘り返さないでえええええええええぎゃああああああああああああああ…って心の中で叫びながら見てました、はい…orz無駄に疲れた記憶があるよ…www違う意味で泣きたくはなったね…ww
だから、多分あそこが一番クライマックスなんだと思うんだけど、見ててニヤニヤしつつ悶えることしか出来ませんでした、はい…www
それと、義仲さんも巴さんも、わかりやすいフラグを立てまくるなってのwwwwwもう、前もって死にます宣言してるようなものなので、哀しさとか無かったなあ…。ああやっぱり死んだかーって確認作業状態だった…。

あと、者の不さん達の技もね、いや、あれはあれで、そういう世界観なのでいいと思うんですけど。映像と合わせるのもいいんだけどさ、ぶっちゃけ、ほとんど最初のキャラ紹介の所でしか技見せて無くないですか?
その後にあんまりバトルシーン無くて…戦い自体はあるんだけれども、その場面を見せないので結局技使えるっていう設定が生きてないなあ、と思って。巴御前と義仲は戦闘シーンありますけど、まあ殺陣の見せどころではあるんだけど、二人とも間接魔法系ですよね?義仲が先読み出来て、巴は相手の技を封じられるんだっけ?それってさ、映像でも表現出来ないじゃないですか。言葉でしか説明出来ないので、絵的に派手さも無くて、結局技使ってるんだか使ってないんだかわからない状態。
絵的に見せるならそういった間接魔法じゃなくて、直接攻撃魔法じゃないと駄目ですよねえ。炎や氷、雷系とかじゃないと映像で見せられないでしょ。ファイア、ブリザド、サンダーみたいなさあ。メラ、ギラ、ヒャド、バギ、イオとかさあ。G氏はあんまりRPGはやったことないんだろうか…。折角映像あるのに勿体無いなーと思った。メインである巴や義仲、義経が派手さに欠けて、準レギュラーの義経四天王に攻撃魔法振ったら駄目だろ…。

全体的にキャラの練り具合がうーん…と思ってしまって。
義経も、力を封じてる設定なのはまだいいんだけれども、でも戦うこと自体放棄してしまうキャラなので、主人公なのに舞台上にいる時間が少ないとか…ここがガクヲタとしてもがっかりポイントだよね。
陰も、物の怪としては上位クラスだみたいなことを自分で言ってましたけど(下っ端が操られるんだ的なこと言ってましたよね)、そのわりには過去に義経(まあ百鬼覚醒モードだったみたいですけど)に助けられてたり、陰の初の戦闘シーンでいきなり共倒れで死ぬとか、…あの、全然強さ見えないんですけど。弱いんですか?って言いたくなる。命かけないと勝てないの?っていう。せめて陰の勝ち試合シーンひとつ欲しかった。
死ぬにしても…まだ義仲とかさ、弁慶とかさ、出てきているキャラに倒されるみたいなのなら納得いくんだけど、いきなり出てきた謎キャラに殺されるとか無いよー。
RPGで突然出てくる、お前誰だよ的な中ボスにやられるとか…。RPGでもいきなり出てくる中ボスと戦うってしっくり来ないよね。何で戦うのかが見えにくい。
過去に戦ったことある設定とかどうでもいいよ!(笑)ていうかさ、過去に戦ったことあるなら、尚更何で共倒れなんだよ、相手の手の内わかってるのに!!やっぱ実は弱いのか、陰って…orz

あと、弁慶と談亭とキャラ被り過ぎってか同じ過ぎ。もうちょっとキャラ変えてくれ、談亭にしか見えない…。
客と絡むのって、やってる側は楽しいかもしれないけど、見てる側は嫌じゃない?舞台に集中したいんですけど…間に余計なの入るから話がわかりにくくなる。あれ嫌い。しかもやってることが眠りんの時と全く同じだし。二番煎じいらね。
というか、弁慶に限らず、お笑いシーン多過ぎて…。まだ、物語に沿っていて面白い内容ならいいんだけど、客に話しかけたり絡んだりっていうのは、私は冷めてしまうので駄目なんですよね。もっと物語に集中させて欲しい…一回一回集中切れてしまうから疲れる…。無くせとは言わないから少し減らして欲しい。私の中で全体的に哀しさとか感動とかよりも、お笑いだったなあーという印象なんですよねえ、今回の舞台…。
周りがお笑いキャラばかりだったので、落ち着いている人…何だっけもはや名前も覚えてない状態なんですが…ケアル(ホイミ)的な回復魔法(魔法違うかw)使える人の印象が薄い…。パーティーには重要なキャラなのにねえ、回復キャラってさ(笑)。

それと…もうこれはG氏手法ということなのかな、相変わらず場面転換多いね…。映画好きだからか、映画っぽいんだよね。
何かもうちょっとうまく繋げられないのかなあ…。暗転多くて、何かのダイジェスト版を見ているようだったよ…。
大事な所は文字で説明、映像で説明、物語の軸から逸れるお笑いシーンに時間を割くって…いやそれ逆じゃない?

そして、細かいようだけど、序盤の、座って「あちぃ!」のシーンが不思議で仕方なかったんだけど…あれ、地面が石畳な設定?いやいやコンクリじゃないんだし、と思いつつ見てた…。

それから、しょうがないとは思うんだけど…やっぱりね、G氏のセリフが聞き取りづらい!はっきりしないんだよ、カツゼツが。え、今、何て言った?って所が多々。私が耳悪いせいかもしれないけど。
逆に言うと、やっぱり俳優さんはハッキリしているよね。俳優って違うなあ、さすがだなあ、って思った。太一君とか、舞台の人ってさ、あんな物静かなキャラなのに、ちゃんと言ってること聞き取れるんだよね…。主人公頑張ってくれ、主人公なんだから…。



あとはね、これはもう、皆感じたと思うんだけど、

続 く の か よ ! ! ! wwwwwwwwwwwwwwww

途中から「〜義仲編 完〜」っていうのが出るようになったと聞いたんですが、初日の昼はそれ無かったんですよ、単に「続」しか出なくて。さあ、ここから義経の出番だ!!!と思った瞬間「続」ですよwwwもうズッコけたねwwwww
義経秘伝なのに主人公が出ない、出たと思ったら技使えないモードだから弱い、強くなったと思ったら終了…G氏の舞台なのにガクトが活躍しない!!!…いやあ、凄い舞台でした(爽)。
何かさあ、今回の舞台って、出る出る詐欺じゃないの…www
まあ、まだ私はG氏見たいというよりは、MOONの物語を知りたいって感じなので出番少なくても、そういう物語ならいいかなーとは思うんだけど…でもそういう私でも出番少なかったし出ても活躍シーン全然無かったなあーと感じたので、G氏見たさで行った人はガッカリでしかないと思う。
タイトル「義経秘伝」だもの、義経いっぱい出ると思うよねえ。せめてタイトルに「義仲編」も入れておくべきだったと思うよ…。主人公義仲で、ヒロインが巴御前だったよね…。
よく、作者の愛が脇役に移っていって主人公が出てこないマンガとかありますけど、あんな感じだなあーと思いました…(笑)。
途中から「〜義仲編 完〜」入れるようになったのは、その辺、アンケでいっぱい書かれたんじゃないかと邪推している(笑)。義経の話だと思って見に行ったら義仲だった、ってね。
ていうか、続く設定にするなら、余計…何故舞台にしたし…と思ってしまうのだが…。映画では前後編ってあるけど、舞台でもよくあることなの?

それと音楽。
意識したつもりではあったんですが…何かいまいち印象に残らなかったなあ(苦笑)。
ところどころ、あ、これ巧さん曲っぽいフレーズだなあ、とか、これ茶々さんのギターっぽいなあ、とかはあったんだけど…何か全体的に眠りんっぽくて目新しさは無かったなあ。
初っ端の和太鼓が、ででんでんででん、ってターミネーターのフレーズで噴いたwww「SEVEN」思い出したんだけどwww脳内にあっきー出てきて困ったわwww(どれだけの人がSEVEN覚えているのやら…)

噴いたといえば、まさかの若本さんだったなあ。解説の声優さんね。あれはびっくりした(笑)。
それと、映像での解説の演出がだいぶBUNRAKUだったね。影響受け過ぎっていうかまんまだろ、おいおい…と思った(笑)。特徴ある演出パクんなし(笑)。



とまあ、案の定ダメ出しが長くなったんですが(笑)、まあ、ツッコミどころがあるところも含めてG氏らしくて、これはこれで良かったかなあーと思っています。
覚醒モードでキャラがガラッと変わるのは、確かにG氏ならではだなあと思って、良かった。良かったんだけど…でも、折角の眠りんの時のようなかっこいい殺陣が無かったのは残念だったね。あれを上回る何かをしてくれるだろうと期待してしまうもの。まあ、覚醒前モードのよわよわへろへろ殺陣も面白かったですけれど(笑)。



さて、答え合わせー。予想がどれだけ当たってるかな?
きっとムンチャっぽくなる、義経はショウだ、っていうのは当たったよね!これは自信があった。
あと、キャラが殺されて覚醒は逆だったね…覚醒して殺しちゃうだった。残念。
義仲=孫で、後半敵対して戦う、ってのも当たった…というか、これはもう先に雑誌で言ってたんだっけ。
陰=ケイは当たったかなーとは思ったけど、陰まで死んじゃうとは思わなかったね。もっと活躍すると思ってたし、ケイみたいに、ショウのピンチの時に来てくれると思ってた。まさか義経四天王より先に死んじゃうとは…。
個人的には、ムンチャと同じ流れで、義仲と義経が戦う→義経が殺されかける→陰やってきて義仲殺す→義仲死んで義経覚醒…と考えてたんだけれども。で、ムンチャでも同じようなことが起きて、そして歴史は繰り返す…みたいなオチだと思ってた。



あわわ毎度のことながら長過ぎ!この辺で終わりにします。感想というかツッコミでしたー。
一度しか見てない上に、見てから三週間くらい経ってしまっているので、記憶違いな所あったら教えてください。
…まあ、追加公演、観に行くけどね!!(笑)
あはは、また遠征します…今回S席だったけど、張り切ってSS席取りました…。
眠りんの時もそうで、今回も、あ、やっぱり、と思ったんだけど、今回も映像使って映像と合わせた動きをするので、舞台とほぼ同じ高さで真ん中らへんじゃないとね、綺麗に見えないです。
まあ、他の席でもやってることはわかるんだけどね、どうしても映像とずれて見えちゃうんだよね…。
眠りんの時にいろんな席取って複数回見たんだけど、舞台とほぼ同じ高さで真ん中らへんだとね、こう、映像とバチッとハマるんですよ。あれがね…もう3,4回見てるシーンでどういう演出なのかわかってるのに、そのハマる席だと鳥肌立つくらい凄い感動して。もうね、感動の度合いが全然違う。
今回も舞台を見て、あ、これはSS取れってことなんだな、と思いました(笑)。舞台見てから追加公演のチケット取ったので、ハマる席来る確率低いんですけどね…。チケット自体はもう取れてお金払ってあるので、近々チケット引き換えてきます。前じゃなくていいから、出来るだけ真ん中が欲しい…。



まとめ:陰&陽和萌え!!!!!wwwwwww
そして、週刊少年ジャンプ!!!!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

スポンサーサイト

  • 2018.01.06 Saturday
  • 22:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    がくぽCD通販受付中

    がくっぽいど(ボカロ)CD作ってます。 こちらのページに通販のご案内を記載していますので、どうぞよろしくお願い致します。

    Twitter

    アクセス解析中

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM